iPhone修理業者によって値段が違う!?

uliuhtrstsr
iPhoneを使用していると、不意に落としてしまったり液晶画面を割ってしまったという経験はiPhoneユーザーならほとんどの確率であるのではないでしょうか。
正規店に修理を頼むのが一般的だと思いますが、見積りを聞いた後に「結構高い…」と感じてしまうこともありますよね。
昨今では、そういった方々のために非正規店でも修理をしてくれるサービスが点在しています。こういうところで修理をしてもらえば、修理代金も安くなるかもしれません。
ただ、修理の業者によって値段はマチマチだったり、どんな症状なのかということでも異なります。なので、修理業者に依頼する際には、非正規店を1つに絞るのではなく、他の業者も見比べていく必要があるのです。

症状を見極めておくこと

iPhoneの修理を要望するときには、店舗の各情報も大切ですが、症状がどのくらいのレベルであるのかを知っておくことが基本となっきます。
症状が軽度、例えば液晶パネルの部分が微妙に欠けてしまったり、一部分が壊れたということでしたら安く済むことがあります。
一方で、液晶だけでなく、内部まで壊れてしまった可能性が高いのでしたら、修理代金も費用がかかります。
前者は非正規店に依頼した方がいいですが、後者ですと正規店よりもお金が必要になってくることもあります。よくあるのが、軽度だと思っていたら、実は内部まで交換しなくてはいけないものです。
「壊れたからすぐに修理業者に連絡を…」という考えではなく、iPhoneの状態を知ることが第一優先になってきます。

値段は統一ではない

非正規店は正規のAppleストアと比べて、「値段は安い」そして「店舗が沢山ある」というイメージがありますが、修理業者も沢山存在するので同様の機種によっても値段がバラバラとなっています。
では、安い方が必ずいいのかというと、一概にはっきりとは言えません。
値段だけで選んで実際に修理を頼んで返ってきたら使用できないこともあります。
もちろん、コストを安くしたい目的で業者を選択するのも一つの手でしょう。ただその際にはしっかりと安全な業者かどうかを見極めることが大切です。
もし不安でしたら、事前にその業者をしたユーザーのレビューや感想を調べておくことをおすすめします。自分にとって最適かどうかの判断材料がいくらでもあると修理に出しやすいと思います。

相場はどのくらい?

ilugyd
業者ごとに異なる修理代金ですが、実際にどのくらいが相場なのか気になるところ。修理するときの症状でも値段が変動するので一概には断定することはできませんが、液晶画面が壊れてしまい全く映らないときには約1万〜2万円は必要となります。
もちろん、万単位がかかるのは新機種になり、それよりも旧い機種ですと1万を切ることがあります。
業者の方が部品の入手が簡単なのかによっても変動します。つまり、新しい機種ほど手に入りにくいのと、手間がかかるからコストがかかってしまうのです。
正規店ですと、もし本体の修理を頼むのでしたら数万円かかります。それを考えると、安いと思えるのではないでしょうか。
しかし、あくまでも相場となりますので、場合によっては最新機種の修理が正規店と同様か高くなってしまう可能性は頭に入れておいた方が無難です。

修理はよく検討してから

iPhoneの修理業者は値段がバラバラなので、「どれがいいの?」と悩むかもしれません。
そんなときは、症状に合わせてコストが安くなるか、自分にとってメリットがあるサービスを提供してくれるのかなどを知っておくといざ要望するときに失敗が少なくなりますよ。
今はまだ壊れてないから大丈夫と思っても、万が一のトラブルがないとは限りません。もちろん壊れないのが最適ですが、携帯を扱っている以上何が起こるか分かりませんよね。
もしものことを考えて、それぞれの業者の見積もりだけでも検索しておくと便利ですよ。
iPhone・iPad・Android修理ならモバプロ
■iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」≪http://mobilephoneprotector.jp/≫